写真をクリックで元の写真が表示されます。

沖縄フルーツランドインフォメーション
2021年07月05日 01時16分57秒


7月5日月曜日、沖縄の梅雨がありけました!!
青空と太陽が輝いております。

今年の梅雨は例年に比べても長く、
終盤はかなりの大雨も降りました。
名護市では、線状降水帯の発生で、
雷や雨が強く降りました。

しかし、今週からは、
沖縄の夏も本番になりそうです。
太陽の光を浴び、
海や山やフルーツの色も変わってきます。

さて、トロピカル王国の入り口にお花が咲いていました。
このお花、フルーツランドではお馴染みなのお花です。

名前は、アナナス。
お花なんですが、実は、パイナップルの仲間です。

パイナップルのような実はつかないのですが、
大きくて綺麗なお花を咲かせてくれます。

アナナスは、大きさや色や形などたくさんの種類があり、
世界中で愛されております。

大きな葉と葉の間に水をためる事で、乾燥にも強く、
株分けで増やすこともできるので、沖縄でも助ェ育ちます。

フルーツランドにお越しの際は、
ぜひご覧になられて下さいね。

写真をクリックで元の写真が表示されます。

リエッタ中山インフォメーション
2021年06月23日 02時39分16秒


6月もあっという間に終盤です。
沖縄では5月に始まった梅雨もそろそろあけそうです。
そして、沖縄の季節、夏がやってきます。
皆様にお会いできるのがとても楽しみです。

さて先日、HOTELS.COMよりお客様が選ぶ人気宿アワード2021
LOVED BY GUESTS AWARD 2021のエンブレムが届きました。

皆様のおかげで、
コンドミニアムホテル 名護リゾート リエッタ中山は、9.4/10をいただきました。
高評価をいただき、スタッフ一同感謝と共に大変喜んでおります。
ありがとうございました。

さて、リエッタ中山がございます「沖縄県名護市」は、沖縄県の北部に位置しております。
名護市からは、海や山に囲まれた街です。
美ら海水族館まで25分、古宇利島まで20分、
沖縄フルーツランドなどの観光施設からも近く大変便利な場所です。
ちなみに、名護から中南部への観光に関しても、
混んでいるルートが逆になるのでスムーズな移動が可能です。

リエッタ中山に隣接している沖縄フルーツランドもご家族連れを始め
グループでのお越しのお客様が多くいたことから、
泊まるホテルに関しても皆様が一緒に過ごせる宿泊施設にしようという事から
広いお部屋のリエッタ中山が誕生しました。

暮らすように旅ができるようにとの想いでスタートしたホテルですが、
これからも皆様をお迎えすべく、スタッフ一同頑張ってまいります。
今後とも宜しくお願い致します。

写真をクリックで元の写真が表示されます。

ミス沖縄youtubeチャンネルでご紹介頂きました。
2021年06月11日 09時16分44秒


沖縄フルーツランドが、ミス沖縄公式youtubeチャンネルでご紹介頂きました。

今回は、スカイブルー岩本華奈さんがご担当するコーナー「イワもっと」で
沖縄フルーツランドを楽しんでいただきました。

テーマは、ずばり「テーマパークで遊びながら果物についてもっと知りたい!」です。

トロピカル王国物語では、王様を助け出す冒険をしていただき、
フルーツカフェでは、人気ナンバーワンのフルーツボードなどご紹介頂きました。

皆様の素敵な笑顔でスタッフ一同とても楽しい時間を過ごす事ができました。

実は、以前皆様が沖縄フルーツランドへご来店していただいたのですが、
お話の中で、youtubeを始め取材から撮影・編集まで、
自分たちで行なっている事を聞き、とても驚きました。

今回も、その元気をいただいたので、
コロナ明けのパワーに変え頑張っていきたいと思います。

ぜひ皆様も、ミス沖縄のyoutubeやfacebookやinstagramをご覧くださいね。

https://youtu.be/uPVEgNGqR4U

写真をクリックで元の写真が表示されます。

note/安里博樹より
2021年06月07日 01時04分43秒


note/安里博樹より
https://note.com/hiroki_asato/n/n819d17a07a87

2001年9月アメリカ同時多発テロが発生し、沖縄観光も大変な影響を受けました。
当時は琉球銀行に勤めており、取引先のホテルへお伺いしたのですが、
ホワイトボードに書かれていた予約がどんどん消えていきました。
心配になり、沖縄フルーツランドに確認してみると、
同じようにキャンセルが重なっておりました。
それから数ヶ月後、父から連絡がありました。
話の内容は、「フルーツランドで働かないか」との打診でした。
テロの影響が大きかったのは理解していましたが、
銀行での仕事は、上司や同期同僚にも恵まれ、もっと経験を積みたかったので、断ることにしました。
それから一年後、
先に沖縄フルーツランドへ入社していた弟から連絡がありました。
「兄貴、助けてくれないか・・・」
弟からの声は断る事ができませんでした。
半年後、色々な覚悟を持ち沖縄フルーツランドへ転職しました。
まず、日中スタッフさんと一緒に働きながら、夕方にかけ数字をチェックし、観光業の特殊性や動きを理解していきました。

さて、
そんなある日、従業員同士の懇親会がありました。

私は「農業法人」の方々と一緒の席でした。
農業法人は、フルーツを生育や園内施設の管理を行う部署、
夏の暑い日や冬の寒い日も体力的に一番大変な仕事です。
最初は和気藹々と楽しく飲んでいました。
しかし、時間も経ち、お酒も入ったからだと思いますが、
メンバーの一人が強い口調でこう言いました。
「お前のお爺さんや親父さんは、
パイナップルを育てる所からここまで来たんだ!
その苦労が分かるのか!
突然銀行から来て何をやっている!!」
私は、フルーツランドと同じ歳です。
小さい頃から働いている方々とは身近に過ごしていた為、その気持ちは直ぐ理解できました。
素直にその方々を納得させなければならないと感じました。
早速・・・
翌日から農業法人の仕事につきました。
パイナップルの植え付けから収穫まで、園内の造園や整備など、
常にスタッフさんがやっている以上の仕事を心がけました。
初日は熱中症になりましたが、日を重ねるごとに体は慣れていきました。
季節ごとの仕事を覚えていき、2度目の季節を迎える頃には、改善に向けての動きもかなりできるようになりました。

農業は一言で言うと、自然との戦いです。
まず、体力的に強くなくてはいけません。
肥料や造園など勉強することは山ほどあります。
一番難解なのが、自然環境との対話と予想。
毎年パイナップルを植え付けても同じ環境はありません。
土壌や天候、実の生育時期、全て異なります。
それがうまくいっても、台風で全てダメになったりと、まさに自然との戦いです。
しかし、大変多くの事を学ぶ日々でした。

さて、
3年ほど経ったある朝の事です。
いつものように本日の仕事のイメージしていたら、
以前、厳しい言葉を言った方が話しかけてきました。
「安里さん・・・、参った・・・、
あの時はすいませんでした。
もう、元の仕事に戻って下さい。
これからもお願いします!」
あの日の言葉を謝りに来ていたのです。
おそらく、
その方が他の部署にも話してくれたのでしょう。
それ以降・・・、
スタッフさんからは全面的な協力をいただけるようになりました。

農業に携わる部署は体力的にきつい仕事です。
だからこそ、その方々の「声の影響力」は大きかったのです。

ファミリービジネスでは、親族が中途より入ってくる事はよくある事です。
しかし、突然会社にきた親族の人間が、
いきなり上役になったら嫌な気持ちになりますね。
皆様に信頼していただける為には、
仕事の量質共に凌駕していくしかないと思います。
私が知っている次世代のファミリービジネスの方々は、
一様にその信頼を得る為に頑張っております。
さて、この農業法人の経験から、フルーツの「調和」というテーマが生まれ、
トロピカル王国物語誕生へとつながっていきます。

そして、フルーツ園を絵本の世界にしていくと言う突拍子もない話も、一切の反対もなく、スタッフの皆様と一緒に創ることができました。
農業法人での経験は、
ファミリービジネスにおける大きな転換点を実感する出来事でした。

写真をクリックで元の写真が表示されます。

皆既月食とスーパームーン
2021年05月27日 05時25分42秒


皆様ご覧になられましたか?
2021年5月26日午後8時過ぎ、皆既月食が起こりました。

前回は2018年7月だったので、約3年ぶりですね。
リエッタ中山がある沖縄県名護市でも見る事ができました。

少し前まで雲がかかっていたのですが、
月食が起こる頃には雲が晴れ、見る事ができました。

赤い色がとても幻想的でした。
また今回は、満月が最も大きく見える「スーパームーン」も重なり
見応えがありました。

次回のスーパームーンと皆既月食が重なるのは33年10月8日、
貴重な天体ショーを見る事ができてとてもラッキーですね。

コンドミニアム名護リゾートリエッタ中山は、
名護市の中でも小高い場所にございます。
景色や今回のような天体観測もいいですね。

写真をクリックで元の写真が表示されます。

絵本の特殊能力は古くならない。はらぺこあおむしで絵本の世界になったトロピカル王国物語
2021年05月23日 07時04分24秒


note/安里博樹より

https://note.com/hiroki_asato/n/n903061688709

沖縄フルーツランド「トロピカル王国物語」は
フルーツ魔法や秘密に囲まれた世界を冒険するテーマパークです。
その世界観の基本コンセプトは「絵本」です。
今回は、トロピカル王国物語が
絵本の世界になったきっかけのお話しです。
2012年の制作当初「絵本」の設定ではありませんでした。

トロピカル王国物語は、物語の基本設定の制作と並行して
現実空間の創り込みを行ってきました。
基本設定の中で、悩んだのが「キャラクター」の選定です。
まず、キャラクター募集にあたっては、物語を読んでいただき、
それぞれのイメージ案を出していただきました。

イラストレーターさんや作家さんなどから
たくさんのご提案を頂きました。
どれも素晴らしい作品ばかりです。



その中から3点ほどに絞りました。
1「アニメのポケモン風」
2「可愛いイラスト風」
3「絵本風」
さて、その中から一点を決めなければいけません。
検討期間は、数週間あったのですが、
想像以上に難航してしまい、
あっという間に期限の最終日を迎えました。

会議中、悩みに悩んだのですが、決めることができません。
「家に帰るまで時間を下さい」と会議を後にしました。
締め切りまで2時間を切りました。
早く決めないと計画の遅れが生じます
しかし、この決定はトロピカル王国物語のイメージそのもの、
大変重要なものです。
残り時間30分・・・家に到着。
リビングでは、
当時6歳と4歳の娘達が、ご飯を食べていました。
元気な笑顔で迎えてくれます。
ふと、横のテーブルを見てみると、
たくさんの絵本が並んでいます。
「今日、図書館で面白そうな絵本をたくさん借りてきたんだよ」
娘達が嬉しそうに説明してくれました。

その中に、見たことがある絵本がありました。

「はらぺこあおむし」です。

私も小さい頃に読んだ事のある絵本。

「あれ、この絵本、お父さんが子供の頃に人気があった絵本だよ」
「まだ、人気あるの?」

「お父さん、この絵本は、とても人気があるよ!」
「やっと借りる事ができたんだよ」
その時、
はっと気づきました。


「絵本は古くならない」


絵本は、時代の流行り廃れに左右されず存在し、
世代を超えて読み続けられています。

つまり、絵本の「古くならない」という特殊能力に気づいたのです。



さて、企業経営において、企業自体は歳をとりませんが、
経営者をはじめ建物や商品やデザインに至るまで全て古くなっていきます。
企業経営において、この古くなるという事への対策は、
永遠のテーマと言ってもいいほどの大きな問題です。
その問題に対し、
「古くならない」という特殊能力があるのなら、
それを使わない手はありません。

迷いは一瞬で消え、
トロピカル王国物語のキャラクターは「絵本風」に決まりました。
その特殊能力のおかげで、
2021年の今でも、園内はその暖かさに包まれております。



最後に、
実は・・・、
家に帰る途中、ポケモン風イメージで行こうと決意し、メンバーに連絡しました。
選んだ理由は、流行っているからという安易なものでした。

しかし、それは見抜かれ、強く強く再考を促されました。
その後、偶然にも子供達が借り得てきた絵本「はらぺこあおむし」と出会い、
絵本の世界に決定しました。

制作メンバーを始め家族やたくさんの方々に何度も助けてもらいました。
トロピカル王国物語は、家族やチームに支えられて生まれてきた物語です。

写真をクリックで元の写真が表示されます。

noteより
2021年05月16日 08時31分55秒


note/安里博樹より

小さい頃、父親から「一流の趣味を持ちなさい」と言われました。
プロになりなさいという意味ではなく、
人前で披露できるものを持ちなさいという意味です。

父は、私が代表を勤めている沖縄フルーツランドの2代目社長であり、
沖縄の楽器「三線」の師範免許を持ち、各賞なども取得しております。

それがきっかけなのか、私は空手を習い始めました。
地元の名護市で発祥した「沖縄拳法」という流派です。
沖縄拳法(開祖:中村茂1891〜1969)は、
頭部や手や胴に防具をつけ実際に当てる試合形式の流派で、
練習内容もそれに準じて厳しいものでした。
私が入門した30年以上前は、体重制度もなかったので、
20〜30Kgの体重差がある選手との試合も日常的にございました。
体重差が、10Kg変わると、威力は桁違いになります。
その為、中村丈人先生は、
基本稽古の後に別々の練習内容を指示しておりました。
つまり、同じ稽古だけでは元々の体格などの差は埋まりにくい為、
基本稽古に加え、それぞれの個性を伸ばす為の練習がありました。
後にその理念が大きく生きてきます。

その後、福岡の大学へ行くことになり、近隣には道場がなかった為、
近くの公園で練習を続けることにしました。
大学は、自由な時間があります。
全くの別分野も触れてみたくなり、思い切って「ヤマハ音楽教室」へ通いました。

音楽教室の応援も頂き、毎日コツコツ練習する事ができました。
先生は、私の好きなジャンル・苦手なジャンルを含めたくさんの曲に触れるようレッスンして頂きました。
そして、「誰にも負けない一曲」を持つ事の重要性を教えて頂きました。
この教えも後に大きく生きていきます。

さて、空手と鍵盤楽器という「全く異なる趣味」を持つ事となり、
練習を並行して続けていた“ある日”の出来事です。
いつものようにピアノで、ハノンという指の訓練をしていました。

ふと、ある事に気づきます。
「空手の突き」と「ピアノの打鍵」のコツは一緒だ。
2つの感覚がピタリと当てはまりました。

両方とも力だけではなく、地球の重力を前提とした姿勢や骨格などが重要で、
それを身に染み込ませる為に練習を繰り返します。
スポーツや音楽をはじめ重要な事は、同じなんだと実感しました。
それから、あらゆる事に対しての意識が変わりました。
例えば、会話
空手の先輩達と会話する場合(私は全然弱いのですが)
「コツ」の話からピアノの打鍵の話をすると
(その場にはピアノを弾ける人がいないので)
私が世界一のピアニストになれます。
つまり、話を聞いていただけます。

逆も然り、音楽の世界では(レベルが低いのですが)
「コツ」の話から空手の話をすると、
その場では、私は世界一の空手家として話を聞いていただけます。

それまでは「同じ土俵」での勝負が全てでした。
しかし、同じ土俵にのらない勝負の仕方がある事に気づきました。
実は、空手の先生も音楽の先生も同じ事を伝えていたのです。
「独自の特徴」を生み出す事
「絶対なる一」を持つ事
その事から、
「同じ土俵にのらなくてよいもの」
「勝負をしなくてもよいもの」
つまり、「勝負の仕方」を深く考えるようになりました。

同じような意味を持つ言葉に、
オンリーワンやレッドオーシャン・ブルーオーシャンなどございますね。

さて、社会人になり、そこには「企業間競争」という勝負がありました。
それが技術力などを高める競争ならいいのですが、
一般的には、企業の利益を削る競争です。
それを続ける事は、お互いにとって良いことではありません。
私もその中で長い間悩んできました。
しかし、勝負しなくても良いものを創るチャンスに恵まれた事や素晴らしい方々との出会いで「トロピカル王国物語」や「リエッタ中山」が生まれてきました。



最後に、それを創る為の共通したルールがございます。

まず、自分自身や会社の「弱点」を明確にします。

弱点は、人や企業に関係なくそれぞれ異なります。
異なる弱点を「根」として、
解決する方法を創り上げていけば、オンリーワンの物が出来上がるはずです。

つまり、勝負しなくてもよいものになるはずです。
ターゲットやマーケットはあくまでも側面的な利用です。
「一流の趣味を持ちなさい」

小さい頃に伝えられたメッセージに含まれた意味は、とても大きいものでした。
私も同じように子供達や次世代の子達へも伝えていきたいと思います。
きっと、それぞれの先生達が導いてくれるはずです。

写真をクリックで元の写真が表示されます。

おきんでんmore-Eのコラムで、 沖縄フルーツランドとリエッタ中山をご紹介いただきました。
2021年05月09日 03時13分09秒


おきんでんmore-Eのコラムで、
沖縄フルーツランドとリエッタ中山をご紹介いただきました。

「パイナップル農家がホテルをつくるまで。弱点を進化へつなげる沖縄フルーツランド」

代表の安里博樹が、その歴史と理由を楽しくお話し致しました。
ぜひご一読ください。

そして、素晴らしい企画も!!

おきでんmore-E地域応援企画第3弾
おきでんmore-E会員の方に「リエッタ中山」ホテル宿泊券を抽選でプレゼント!
応募期間:2021年4月30日(金)〜5月31日(月)

当日のインタビューは、
パイナップル農家だった創業者の話から、団体旅行と共に成長した事、
その後個人旅行への変化に伴うバージョンアップ、
そして、リエッタ中山へと続きました。

長時間に渡りましたが、
インタビューの方々のスムーズな進行でお話がどんどん進みました。

コラムは、とても素晴らしい内容になっております。
楽しさが伝わる文章でスタッフ全員喜んでおります。

素敵なプレゼントもございますので、ぜひ皆様ご一読の上ご参加ください。
<6月 2021年7月 8月 >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Share (facebook)
 HOMEHOME 亜熱帯果樹園・南国フルーツを体験するなら! OKINAWAフルーツらんど
〒905-0005 沖縄県名護市字為又1220-71 TEL 0980-52-1568/FAX 0980-52-1104
Copyright(C) トロピカル王国 OKINAWAフルーツらんど All rights reserved. -Link-
〔OKINAWAフルーツらんど〕ホームに戻る