旬のパインは蜜をたっぷり含んでいて、切った瞬間とっても甘い香りがするよ。食べると飛び切りの甘さだよ。自分たちは一番美味しくなった時に食べれるからわかるけどみなさんには届けられなくて悪く思っていたさー。甘さが100%になったパインを一度は食べてもらいたいさー。
(パイン農家の玉城さん)
(熟したパインは)めちゃめちゃフルーツのいい香りがしま した。食べるととっても果汁が多くて濃い甘さとほどよい酸味がして感動しました〜。こんなパイン初めてでした〜。ほんとおいしかったです☆
(当園・OKINAWAフルーツらんどで試食されたお客様の声より)
 初めまして。パイナップルのことなら私にお任せください!沖縄フルーツランド(株)の玉城と申します。
 まず一般に販売されているパインが10〜30%の熟度でしか収穫されていないことを知らなかった人も多いのではないでしょうか?
 「収穫してすぐ食べる」 それが前提でない場合、農家さんはパインの「日持ち」を考えて、10〜30%の熟度で収穫します

  というのも、パインは熟してくると、実の表面に「果汁蜜」がにじんできます。他のフルーツも熟してくると実の表面に多少の変化がみられるのですが、パインの場合は「蜜のにじみ」となります。これは、甘さが最高潮に近づくサインですが、初めての方は「熟れすぎ」と思って敬遠してしまいます。過去にはこの「蜜にじみ」が原因で当社もお客様から多数お叱りをいただきました(後述)。パインはマンゴーなどと異なり、「追熟」させることもできず、また甘さが100%の状態になると1〜2日しか持ちません。そのため、一般的に10〜30%の熟度で収穫してしまうのです。ちなみに、10〜30%の熟度だと日持ちは10日程です。もちろん、10〜30%の熟度でも甘くはあるのですが、「パインは思ったほど甘くない」あるいは「すっぱい」と思われた場合、ここが一番大きな理由と考えられます。

  しかし、パインに限らず、果物には最もおいしい時期があります。パインの時期は、70〜80%の熟度が最高です。
パインに日々囲まれた農家さんと一部の関係者だけは、このパインが一番甘い、絶妙のタイミングに恵まれますが、残念ながら、多くの方はパインの本当の甘さを知ることはなかったのです

 当社が力を入れているパインの甘さをとことん追求した「中山パイン“極”(きわみ)」も安定供給が難しく、当観光施設「OKINAWAフルーツらんど」にいらしたお客様にわずかに味わってもらうだけでした。
 
 最高に甘いパインを味わうための条件がパインの熟度(収穫時期)であることが分かりました。ただ本当においしいパインを味わうには熟度だけではありません。もうひとつ大切な条件がパインの栽培地(産地)です。

パインの栽培には水はけが良く、かつ酸性土壌の土地が向いています。沖縄本島では、名護市を中心とした北部やんばる地域がその条件を満たしており、「パインの産地」で知られています。

 また日当たりも重要で、日照時間が長い南向きの土地がパインの生育には最適です。逆に冷たい北風にされされる北向き斜面の土地は不向きとなります。
名護市の地域でも、特に「中山区」は昔からパイン栽培が盛んな所で、やんばるパインのお膝元といえます。

当社・沖縄フルーツランドはこの「中山区」のすぐ近くに位置し、長年、パイン販売そして観光業を営んできました。そしてこの地の利を生かし、パインの甘さを追求した「中山パイン“極”(きわみ)」も誕生することになります
本島やんばる産のパインを一度食べたことある人ならお分かり頂けると思いますが、畑でぎりぎりまで収穫の時を待ったパインは本当にほっぺが落ちる程甘い!あま〜い!
糖度計で糖度を図ってみると最高17.5%ありました。これは完熟マンゴーに近い数値!ここまで糖度の高いフルーツはそうありません!
甘さを例えるなら「缶詰パイン」の糖蜜に漬け込んだ味に近い。パインってこんなに甘かったのか、と驚かれるに違いありません。
パインの本当の甘さを、地元沖縄の人を含め多くの方がまだ味わったことがない中、沖縄フルーツランドが、その幻ともいえる美味しさを全国の皆様へ味わって頂くべく企画したのが、ジャカジャ〜ン!
この企画のためにまず、沖縄フルーツランド(株)はこれまで卸さんから仕入れていたパインを、直接農家さん (農業生産法人トロピカルファーム) から仕入れるようにしました。
(※フルーツは季節、天候により収穫できない場合もあります。上記の仕入れ・販売システムは最速の場合を示しています。時期、天候の状況によっては上記日数よりもかかる場合があります。何卒ご了承ください)
この仕入れ・販売システム見直しとネットでの注文販売により、これまでどうしてもみていた「日持ち」日数を限界までなくし、“畑で食べるパイン”の甘さにできるだけ近づける形で農家さんと一緒にパインの熟度をぎりぎりまで管理します。これにより、今までにない甘さのパインを提供できる様になりました。

また沖縄フルーツランド(株)がお届けするパインはすべて、最高に甘いパイン作りの条件を満たした名護市「中山区」をはじめとする、沖縄本島北部やんばる産パインです。
 昭和21年戦後、国の栽培奨励でパイナップル生産が本格化します。昭和29年、創業者の安里普栄はパイナップルの生産を開始しました。不思議な事に、当時パイナップルは輸出用の苗として生産されており、フルーツとしては誰も振り向きませんでした。昭和49年、沖縄国際海洋博覧会が開催されることになりました。
「沖縄産業の主役は観光にとってかわる。沖縄本島では唯一北部でしか生産されないパイナップルをフルーツとして販売しよう!」 その掛け声とともに安里普栄を中心とした「中山パイン青果生産組合」が結成されました。

「中山パイン園」と店舗を構え、果物や地元でとれた農産物を利用したお菓子などを販売しました。新鮮なフルーツと素朴な味で、沖縄県内で大人気店となりました。その中でも主力商品は、“あまーいパイナップル”でした。パイナップルをフルーツとして土産用に販売したのも、庶民の伝統的な行事菓子として食されていたサーターアンダギーを土産用に販売したのも、当社が初めてでした。
その後、マンゴーやドラゴンフルーツ、パパイヤなど他のフルーツの扱いにも力を入れ、昭和63年には「沖縄フルーツランド株式会社」へと社名変更しました。
「沖縄のフルーツはすべてフルーツランドへおまかせあれ!」ということです。

創業者の安里普栄は、パイナップルを作り続けて56年。今もなお現役です。またおかげさまで沖縄フルーツランドも今年、創業37周年を迎えました。
「沖縄のフルーツの歩みとともに、沖縄フルーツランドの歩みがあります」

「本物の瞬間を皆様に!」という熱い思いは、創業者から現在の4代目社長まで一貫して受け継がれています。
今までは店頭でしかお伝えできなかったフルーツへのこだわりを、ぜひ皆様へお届けしたいと思います。
原点回帰。パインの甘さ追求から生まれた、農業生産法人トロピカルフルーツファームさんとの提携
 昭和21年、パイナップルの生産が拡大し、美味しいパイナップルがたくさんできました。喜んだ農家の皆さんは、「一番甘い瞬間」のパイナップルを、全国の皆様へお届けしました。しかし残念なことに、「蜜のにじみ」が原因で、お客様に御満足頂く事はできませんでした。
困った農家の皆さんは仕方なく、蜜がにじむ前に届けられるよう、熟度を下げ販売する事を決めました。

しかし、あの“甘い甘いパイナップル”は、食べる事はできなくなりました。そしていつの間にかパイナップルは、「酸っぱい」というイメージが定着してしまいました。その為、収穫量はどんどん減り、生産者も減り続けました。 (収穫量は、昭和44年から平成10年までに1/10近くまで落ち込みました。)

 時は経ち、沖縄フルーツランドは考えました。
「このままでは、沖縄産のパイナップルは無くなってしまう。何より残念なのは、パイナップルの本来の甘さをお伝えできないことだ。私達が知っているパイナップルの美味しさを伝える事が出来たならなんて素晴らしいだろう。そうだ、私達がやろう! 私達がもう一度届けよう! 今までの常識を覆し、全国の皆様へもう一度お伝えしよう!」
 平成15年11月、私達の想いに賛同し、設立されたのが、「農業生産法人トロピカルフルーツファーム」です。

生産地を拡大し、工夫を重ね、トロピカルファームさんと一緒にパイナップルを育てました。一番ネックとなっていた流通システムも多くの皆様の協力をもとに見直しができました。
そして今回、一番甘い「極みの瞬間」にとれた「中山パイン“極”(きわみ)」のお届けが可能となりました。平成22年はマンゴーやドラゴンフルーツ、パパイヤ等沖縄で生産できる多くのフルーツも安定生産に成功。今後も沖縄の「極みフルーツ」をお届けして参りますが、まずは当社が自信を持ってお届けする“極み”パインをぜひともご賞味ください。
全国の皆様のご注文をスタッフ、関係者一同心よりお待ち申し上げております。
「中山パイン極」は届いてからどれくらい日持ちしますか?また他のパインはどれくらい日持ちしますか?
「中山パイン極」は1〜2日ほどです。甘さ最高に近い状態でお届けしますので届きましたらなるべくお早めにお召し上がり下さい。露地パインは1週間ほど、スナックパインは5日ほど、ピーチパインは3日ほど日持ちします。
保存方法でいい方法があれば教えて下さい。
パインの果汁蜜は表の割れ目から溢れてきます。ですので届きましたら、なるべく早く2等分にカットし冷蔵庫に入れてください。よりよい状態で保存できます。熟れすぎた状態になっても甘さは落ちませんのでご賞味ください。
パインもマンゴーと同じように追熟させきれますか?
残念ながらできません。なので置いておいても甘さは変わりません。ですので届きましたらさっそくお召し上がりになられてください。
「中山パイン極」は他のパインとどこが違うのですか?
パイン本来の味にこだわり、「甘さ」を追及しています。今後、他のフルーツでも「味」を追求した「極」シリーズを展開していきます。ご期待ください。
 HOMEHOME 亜熱帯果樹園・南国フルーツを体験するなら! OKINAWAフルーツらんど
〒905-0005 沖縄県名護市字為又1220-71 TEL 0980-52-1568/FAX 0980-52-1104
Copyright(C) トロピカル王国 OKINAWAフルーツらんど All rights reserved. -Link-
〔OKINAWAフルーツらんど〕ホームに戻る